« あらためて | トップページ | 休園日 »

10年目突入です。

つい先日、なんと早10年目突入しました。

とりあえず、10年は続けてみようという目標の基に始めたピアノではありますが、

過ぎてしまえばあっと言う間(月並みですけど)。

しか~し。

9年間も弾いている曲なのに、いまだに間違えるってどういう事?

むしろ間違えるほうが不自然と言うか難しくないか?

まあそれはおいといて。

来年どうしよう。

10年後の先を考えてなかったわ・・・

また弦に戻るか・・・

ヴァイオリンとか(笑)

一気に転換して打楽器とか(笑)

ないない、場所が無い。

パイプオルガン弾いてみたい。

(もっと場所が無い)

|

« あらためて | トップページ | 休園日 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

たぶん、間違えなければ人間の弾いてる意味がないんですよ。
バッハなんて、間違い(?)が正当化されちゃってるじゃないですか
真実はいつもひとつ、なんて小学生だけが言ってればいいんです(笑)

十年目、さて、何をされるのでしょうね。楽しみです。

投稿: | 2014年11月21日 (金) 午前 12時46分

コメントありがとうございます。
って、おぬし誰じゃ?(笑)

バッハの事はあまり詳しくないのですが、
同じ間違いでもバッハと私では・・・
比べるのも恥ずかしいです!
でも人間ですものね。
間違いも演奏のうち!なんてセリフ聞いた記憶がありますが・・・
ああ、私の父だった(爆)

真実はいつもひとつなのかも知れないですが、
事件の現場で人が死んでるっちゅうのに
なぞ解きでワクワクしちゃう小学生ってのも
教育上どうなのよ・・・って思います。
(中身は高校生だとしても)

ちなみに最近ストレスで寝付けない夜は
操操れ!コックリさんを見てリフレッシュしてます。

投稿: karasu | 2014年11月21日 (金) 午後 04時31分

ご無沙汰してます。
10年ですか~
うちの師匠もね、似たようなこと言ってました。
10年区切りで何をするか考えるって

で、その時思って、今も答えの出てない素朴な疑問ですが・・・
10年もやってきて、また違うことするって結構大変でないですか?
その勇気はどうやったら出るでしょう?

投稿: 丼 | 2014年11月25日 (火) 午前 12時25分

ご無沙汰してます!「丼」さん(笑)
思わず色々脳裏を過ぎりましたです。
とにかく嬉しいです!

非常に答えが難しい疑問ですな・・・
同じ10年でもどんな思いで過ごしてきたか、とか。
どんな思いで10年目を向かえたのか、とか。
人それぞれですから。

私のピアノだけに超限定で言えば、
10年で自分がどんな風になれるか興味があったので
特に目標がありませんでしたので、
もしかしたら別の楽器に挑戦するかも知れませんが、
そんなに勇気は必要ないかも知れません。
でも実は今のところこのままピアノを弾きたいと思ってたりして・・・。

ただね、次に何かを始める勇気が必要だとしたら
ある意味その前の何かを止める勇気でもある訳ですよね。
それはかなり大変な事だと思いますよ。
止めなきゃいけないって決まりも無いんでしょうけど、
人によってはハッキリ区切らないと気が済まないかも知れませんしね。
私なんかはそのクチですけども。

ピアノを止めて何かに挑戦するとしたら、
新しい何かによほど魅力を感じるか、
誰かの後押しが必要かも知れませんね。

でも今までの10年は確かに自分の中に残っていて
誰かひとりでもそれを知っていてくれる事は
とても幸せです。

投稿: karasu | 2014年11月25日 (火) 午後 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あらためて | トップページ | 休園日 »