« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

カメラは面白かった。ミラーレスとか。

先日の旅でデジカメを使ってみてつくずく感じた事。

まずはメガネの私には非常に嬉しい!

ファインダーを覗く度に煩わしい思いをしないで済む。これは大きい。

それはともかく、帰って来てからカメラの構造が気になって仕方が無くって

暇を見ては色々調べてみました。

そして一番大きな疑問だった「ミラーレス」と言う言葉の意味が少しずつ分かってきました。

ただ、今となっては死語と言うか・・・言葉の時代性を技術が超えてしまっているようで

車で言うツインカムのような感じですかね。

もともと自分の頭の中では全てのデジカメがミラーレスであって、私の安物であっても

ミラーなんてないし、普通じゃね?と思ってたんですが。

もともと、本格的な上級機種はデジカメであってもミラーがあったと言う事を知らなかった

私がおめでたい素人だったのが原因ではありますが、

でも世の中の広告とかを見ていると、ミラーが無い事自体が凄いのよ~みたいな印象を受ける訳です。

でもメカ好きの私みたいな人間には誤解の元でもあるんですよね。

実際に色々調べて分かったのですが、ミラーが無いのが凄いのでは無くて、

撮像素子の進歩ですばやいフォーカスが出来るようになったおかげでミラーを排除出来るようになってきた(高画質で)、

と言うのが現状のようです。

と言う訳で、私的には撮像素子自体を前面的に宣伝した上で、結果としてミラーレスですよ・・・的な広告にして欲しかったかなと。

ま、どっちでもいいよ・・・なんですが。結果的には。

ただね・・・コンパクトなデジカメ、コンデジが世に出た頃は、ミラー無しでフォーカスする構造が凄かった訳で。

多少時間がかかろうが撮像素子の情報だけでピントを合わせる技術が必要不可欠だった訳で。

よって、モニターに映像を映しつつピントも合わせられるようになった訳で。

光学機構を省いてコンパクトなボディーでデジタルで画像を処理して記録する・・・

と言う面ではそれまでの一眼を凌駕していた訳で。

(因みにこの一眼と言う言葉も、レンズ交換が出来るカメラ的な使われ方ですが・・・)

その時点でミラーは無くなっており、私的にはそこが凄いところだと感じていたもので、

昨今の「ミラーレス」現象は、何を今更?的な目で見てしまっておった訳ですな。

元々世の中にはミラー付きの上級機種と廉価のコンデジと言う定石が存在していたと言う事を知らなかった自分がちょっとかわいい。

そもそも普通の人はコンデジが出た時点で、ミラーが無い事が凄いなどどは思わないでしょうしね。

カメラの奥が深いんだか自分が浅いんだか分からないですけど、

メカ好きにはたまらない魅力がありますね、デジカメは。

それともう一つ。

旅先で写真を摂りまくっている人を見て、もっと風景を満喫したほうが良くね?

とか思ってたんですが。

それで良いのですね。

そもそも目的が違う訳で。写真を撮るために旅に出ている訳で。

(獲物を求めるハンター的な?)

それもありだなと思います。

| | コメント (0)

旅の記録(画像)

Dscn0874一応撮影順にインポートしたのですが、アップされたら順不同になっとりました!

Dscn0876

Dscn0878

Dscn0901とりあえず主な旅先は京都府丹後の温泉、

京都は東寺、伏見稲荷、清水の舞台、夜の祇園(爆)です。

気になる(?)お宿は古民家風の離れで掘りごたつがナイス日本文化!でした。専用露天風呂付だったので、カニ→酒→風呂→カニ→酒→風呂・・・の不健康ループを満喫いたしました。

Dscn0932

Dscn0940

Dscn0951

Dscn0957

Dscn0978

Dscn0982

Dscn0609因みに文章があっちゃこっちゃに飛んでいてもブラウザのせいではありません。全て私の手抜きが原因です!

Dscn0616

Dscn0620

Dscn0706

Dscn0708

Dscn0759

Dscn0764

Dscn0773

Dscn0796

Dscn0817

Dscn0825

Dscn0833

Dscn0838

Dscn0869

Dscn0549

Dscn0381_2

Dscn0382_2

Dscn0397_2しかし見てしまった以上は、全部クリクリクリックして拡大表示で見て下さいね。こんなのでも結構アップに苦労したので・・・。

Dscn0410_2

Dscn0433_2

Dscn0450_2

Dscn0455_2

Dscn0464

因みに個人的に一番期待していた伏見稲荷の鳥居ですが・・・

実は全ての鳥居が1本(?)お幾ら万円とかで奉納された物で現在も増え続けておりまして、要は商売繁盛を目論む金の亡者達の欲を具現化した世界でありました。道すがらタクシーの運ちゃんにその話をされて、渋滞してるし行くのよそうかな・・・とマジ考えました。

Dscn0510

ま、結果的には行って良かったですけど。それはそれで雰囲気もありましたし。でも最初の大鳥居をくぐった先に歯科医院があったのにはウケました。

Dscn0531

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »