ヘルシオその後

ヘルシオが我が家にやって来て早いもので3週間。

これが↓                                                                                                                          

Densi_9 (10年間ご苦労様でした)

こうなった↓

Hal_3 (デカイ。ミリ単位でギリギリ入った)

が、ここでまず大失敗。  価格や機能、サイズなどはそうとう念入りに下調べをして買ったのですが、当日はそうとう気分が舞い上がっていたらしく(どんだけ欲しかったんだよ)色を間違えました。

正確には思った色と違った・・・んですが。 店の展示品が白系の物だったのですが、白は汚れが目立つし、大きく見えちゃうので「シルバー」を注文したんですがコレは・・・・?

これ、本体にシルバーの部分が全く無いのです。取っ手の部分なんかどう見てもゴールドですし。でも品番とかはシルバー系で間違い無い・・・。  もっとカタログ写真で確認すれば良かったのですが、このネーミングはどうなの?シャープさん。

まあ、何か凄い物が来た的な迫力はあるのですが、今思えば白で良かったかなと。(次は白にしよう・・・)

まあこの手の物は中身が勝負どころなので、気を取り直してさっそく色々と作ってみました。

こんなの

Sifon_4 (紅茶シフォンケーキ)とか・・・

予想以上に大量の

Shu シュークリームとか・・・

大型タッパに一つしか入らない

Eku ジャンボ(想定外)エクレアとか。

とまあ色々作ってみた訳ですが。こと菓子系にはウトイもので、量とか焼き上がりのサイズとかってある意味未知との遭遇ですね。

それと、自分で作ってみると「こんなに砂糖使ってんだ!」と少々罪悪感すら覚えますね。レシピによっては小麦粉と同量の砂糖とかもあるし・・・。

あと、卵黄だけとか卵白だけ使うのとかも困ります。もったいなさ過ぎで捨てるのに気合が必要です・・・。しかし、シュークリームがこんなに簡単に出来るとは・・・ヘルシオ恐るべしです。

菓子類以外にも焼き物、蒸し物と色々作ってみましたが、そっち系は画像がありません。

なんせ出来たらすぐに食べないと冷めたら台無しなもので・・・。

しかし・・・

色々やってみて思ったのですが、やっぱり電子レンジもあったほうが何かと便利ですね。結局今になって、ヘルシオと電子レンジとトースターの3台を何処にどうやって置こうかな・・・とか悩んでたりします。

捨てなきゃ良かった~。大失敗!

| | コメント (2)

チャーハン

このところカレーに凝っていて、毎週日曜は昼からカレーだったりするんだけど、

やっぱスパイスは難しい。

今は4~5種類のスパイスの調合を色々変えて楽しんでいるんだけど、

やっぱ料理って音楽に似てるなあ~といつも思う。

と言うのは、細かい調整は別として、作る前からスパイスの調合後の味を想像して、

今日はこういう味にしょう、と決めてかからないと上手くいかないから。

こう弾こう、と言うイメージ無しに練習が成り立たないのと同じようなもの。

それはそうと、ややカレーに飽きた日曜日の夕食に、手軽に作れるチャーハンを作った。

メインの素材は「じゃこ」と「野沢菜」。まああとはご飯とタマゴね。

細々と説明する程の調理でもないから書かないけど、俺流のキモがあるのね。

それは、ボウルにタマゴをとき、そこへご飯をぶっこむの。で、うにうにとよく混ぜる。

本当に良く混ぜる。ご飯一粒一粒がタマゴでコーティングされるまで混ぜる。と言ってもすぐ終わるけど。

で、前もってフライパンで炒めて醤油で下味をつけておいたじゃこと野沢菜にそれをどばっと入れて、適当に炒める。

オタマとかシャモジのハラで押すようにこまめに混ぜながら炒めると、これが不思議とご飯はくっつかずに、パラパラとした粒が独立した感じになる。

プロは炒めたご飯を後から入れたタマゴでコーティングする技術があるからあのパラパラした仕上がりになるんだけど、それを素人流にアレンジしてみた訳。

後はコショウとかガーリックパウダーとかで味を調えると出来上がり。

薄味がよければ醤油は最初の具だけで十分。いっぺんやってみて下さい。

シイタケとかあったらもっといいね。あとゴマ油使うのもいい。

慣れると洗い物も含めて20分位で済んじゃうんで結構気に入ってるメニューの一つなんだ。

| | コメント (0)

見た目はイマイチですが

Pap_0056 リッチ&ヘルシーです。

と言っても、エビが数百円ってだけなんですけども。

3匹で800円位だったかな。

或る日突然エビが食べたくなって、

仕事帰りにデパチカで買い込み、翌日料理しました。

エビはたてに真っ二つに切り、

フライパンでワイン蒸しにします。その後身だけ取り出し、

適当な大きさに切っておきます。

シメジ、ブラウンマッシュをガーリックオリーブ油で炒めたものと

切ったエビを混ぜて生クリームでからめ、

それをエビの殻にもどしてから、粉チーズとパン粉をかけて

オーブンで焦げ目をつけただけです。

調味料は塩。あとはバジル。

横の付け合せは、豆腐を砕いてレンジで水分を飛ばしたものを

塩コショウで軽く炒めたものにブロッコリーを乗せたものです。

豆腐が余っていたもので・・・

あ、豆腐にも生クリーム使ったな。

微妙にヘルシーでは無いかも・・・。

所要時間は50分弱位でした。

因みにこの程度の量だと食べるの10分ですね(笑)

| | コメント (0)

相棒

Pap_0003 料理の話しで相棒、と言えば器具。

音楽で言えば楽器みたいなものかな。

料理で言う材料は曲になるのかな。

完成した料理は演奏・・・そんな感じか。

KARASUの料理の相棒と言えばコレしかない。

直径10センチ程のちっちゃい片手鍋。

まずなんと言っても魅力は全面テフロンって事。

ちょっと高かっただけに、もう1年位毎日のように使っているのに

まったく使用感に変化が無いのはすごい。テフロンにも色々あるんだね。

どんな風に活躍してくれているかと言うと、例えば今日の朝食メニューを例とすると

使った器具はこの鍋以外にはボウルとまな板と包丁、トング(これも相棒)くらい。

まず鍋でウズラのタマゴを茹でる。すぐ茹で上がるからウズラって朝には便利。

その間に野菜を切る。今朝はブラウンマッシュとシメジ。

それとニンニクをスライス。

次に鶏のムネ肉を適当にカットしてアルミホイルに乗せて塩コショウしてから

スライスしたニンニクを乗っけてオーブンへぽん。しばらくほっとく。

茹ったタマゴを水を張ったボウルに移すと鍋が空く。

そこでオリーブオイルで残りのニンニクを炒めてキノコ類も入れちゃって

そこへ缶詰のミックスビーンズも入れちゃいます。

適度に炒めたら塩コショウで味を調えてから火を止めほっときます。

ウズラをむいて鍋に入れ、ボウルが空くのでまな板と包丁といっしょに洗っちゃいます。

パン用の包丁とまな板を使い、今朝はデニッシュを切り出しトースターへ入れ

包丁とまな板は洗っちゃいます。

ここでタバコタイム・・・ふうう

後は食べる前に、肉、鍋、パンと点火してなるべく同時に盛り付けて食う・・・と。

そうそう、鍋の中身はですね、温まったところで液体コーヒークリームをからめます。

ちっちゃいやつありますよね、ファミレスとかで置いてあるような(ちゃんと買ってます)

一人分ならそれ一個で十分です。

もし通常作る量が2人前くらいまでならこういうお鍋は是非オススメです。

他にもペンネ等の小型のパスタ類や

スクランブルエッグ、茹でタマゴ、少量の揚げ物などに使ってます。

| | コメント (0)

焦げてんじゃん

「musicbox2.mp3」をダウンロード Pa0_0025

はずかしながらも焦げてます。

このちょっと食うのをためらう物体はですね

KARASU流フレンチトーストというものです。

ちなみに通常はここまで焦げてません・・・

と言うか

正式な作り方を知らないもので。

平皿にタマゴと牛乳、砂糖、バニラエッセンスを

ぶち込みかき混ぜたものに食パンを漬け込み

フライパンで焼く・・・と。

成功例はいずれお見せするとして、この調理法の唯一の利点は

冷蔵庫で固くなった食パンを、いくらかマシに食えると言うトコロ。

ま、添え物は置いといて下のほうですが

見事に3色の色彩がイタリアンですね、今みると。

見えにくいですが、一番下には鶏のササミがあります。

鍋にホワイトソースを作り、ササミを煮込みます。

それを皿に盛り、上にトマトを乗せバジルをふり、

茹でたアスパラとブロッコリーを乗せて残りのソースをかける・・・

といった感じでしょうか?

多分いつものクセでいくと、残ったソースに少し白ワインを入れていると思いますが

何故か分離するんですよね・・・

このときはうまくいったみたいですが。

| | コメント (0)

なんだったかな・・・コレは

   「musicbox.mp3」をダウンロード

Pap_0041 ぱっと見、あまり時間が無かった日の朝食らしいが。

付け合せのニンジンは多分いつもの戦法

ラップで包んでチンした後にバターと絡めてしばらく放置。

時間があれば鍋でつくるけど、この手抜きの形からしてチンだろう。

横のメイン(と言って良いのか)のほうは

見えにくいが土台?は鶏のササミだろう、確実に。

なんたってササミは安いので強いミカタである。

全般に鶏って安いけどね。

記憶は殆ど無いんだけど、自分のやりそうな方法で考えてみると

ササミは塩と黒コショウを振り、いっぺん火を通してあるはず。

で、その上に乗っかってるのがマッシュポテトと言うのかな

皮むいたジャガイモをラップで包んでチンしたものをボウルで練ったもの。

で、一番上にチーズとパン粉を乗せて、レンジで焦げ目を付けたはず。

黒っぽく見えるのは多分キノコ。キノコも良く使うけど、

もしかしてこれはマッシュルームを切らしていて、シイタケだったかも・・・そんな感じに

見えない事も無い。

パン粉だけにしてはちょっとボリュームがあるので

もしかするとマヨも乗ってるかも知れない。

だとするとちょっとくどいな・・・次は省こう。

で、仕上げにパセリか。

多分急いで作った日だろうから洗い物も含めて40分前後のお仕事だっただろうか。

| | コメント (0)

料理って

Pa0_0052 音楽と似ていると思う、いつも。

ま、それはおいおい・・・・

それはそうと、わざわざ画像を引っ張り出したのには訳がある。

この画像はある日の朝食だけど

実は結構作った料理の画像を残す。

それは、料理ってやつはいざ日常になってみると

作るよりも、何を作るか決めるほうが苦労なのだ。

でもこなすべき仕事の一つとして料理はしたくない。

それは洗い物だけで十分。

作る以上は楽しみたい。

だから他人の作ったレシピを見る事は殆ど無い。

頭の中で何度か調理と盛り付けまでをシュミレーションしてみて

いっきに作る。

時間が無くて苦労に思う事はあるけど、そんな時は簡単なものを作ればいいだけ。

とにかく、盛り付けた時の外観と味をしっかり予想して、

こういうものを作るんだ

というしっかりしたビジョンを持って料理する事。これが大切。

そして、途中で思いつきで手を加えない事も。

そこが音楽と似てる。

ただ音楽と違って、たとえ練習と割り切ったとしてもできるものはできちゃうから

当然食わねばならない訳で、あまりの冒険は危険。

まあメニューに困った時の足しにと残してきた画像だけど

せっかく日記も始めた事だし

今後はレシピのようなものなども加えて残してみようかなと思う。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

アニソン カメラ ピアノ 料理 番外編 音楽